« 鼓紀男副社長、避難者に謝罪 原発設計の甘さ認める | トップページ | 仁科亜季子・仁美、ACジャパン苦情殺到に心が痛む »

富士山と箱根山と焼岳、地震活発化 火山活動に変化なし

気象庁の火山噴火予知連絡会(会長:藤井敏嗣東大名誉教授)が22日開かれ、富士山や箱根山、焼岳(岐阜・長野県境)の3火山で地震活動が活発化していることが報告された。東日本大震災の影響とみられるが、

Photo_7 火山活動に変化はないという。

焼岳箱根山では11日、マグニチュード9.0の東日本大震災の発生直後から地震が相次ぎ、震度2~3の揺れが観測された。

静岡県東部で15日に起きたマグニチュード6.4の地震で、富士山のある富士宮市では震度6強の揺れが観測された。その後も余震が続いている。

気象庁は、「火山性微動や地殻の変動はなく、火山活動の兆候は見つかっていない」。
「マグニチュード9.0の地震が直接影響したかはわからないが、日本の火山のいくつかが反応したのは事実。火山周辺での地震活動は減衰傾向にあり、いますぐ何かが起こることはないだろう。ただ、04年のスマトラ地震の後、数カ月たってからインドネシアの火山活動が活発化したことがあり、今後も注意していく必要がある」藤井会長。

■語句や人物の解説は左の【ウェブ百科事典<>】を活用して下さい。




            




           





                        


|

« 鼓紀男副社長、避難者に謝罪 原発設計の甘さ認める | トップページ | 仁科亜季子・仁美、ACジャパン苦情殺到に心が痛む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51191928

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山と箱根山と焼岳、地震活発化 火山活動に変化なし:

« 鼓紀男副社長、避難者に謝罪 原発設計の甘さ認める | トップページ | 仁科亜季子・仁美、ACジャパン苦情殺到に心が痛む »