« 岡田克也氏、閣僚3人増員提案 復興支援や原発問題担当特命相 | トップページ | 原発推進政策の見直し必至 福島の深刻な事故受け »

福島原発事故、国内最悪レベル5 スリーマイル並み

東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発(大熊町、双葉町)の事故で、経済産業省原子力安全・保安院は18日、国内初の一部炉心溶融などの深刻な事態に陥った1~3号機について、

Photo_4国際原子力事故評価尺度/INESのレベル(暫定値)に当たるとし、国際原子力機関/IAEAに報告した。
は、広範囲な影響を伴う事故に当たり、1979年の米スリーマイル島原発事故と同水準。

国内では99年に茨城県東海村で起きた核燃料加工会社ジェー・シー・オー臨界事故(レベル4)を超え、過去最悪となった。

保安院は、同原発1~3号機が津波によって冷却機能を失って炉心が損傷、現在も放射性物質の放出が続いているとしてと判断。

同様に使用済み核燃料プールの冷却機能を失って水素爆発に至った4号機は、重大な異常事象のと判断。冷却ポンプが一時動作不能になった第2原発(富岡町、楢葉町)の1、2、4号機も同様とした。

清水正孝東電社長は19日未明、とされたことについて、「極めて重く受け止めている。大規模地震に伴う津波といった自然の脅威によるものとはいえ、このような事態に至ったことは痛恨の極み」との談話を発表した。

敷地内の放射線レベルは高く、東電によると、被曝量が通常の上限100ミリシーベルトを超えた社員もいる。国は福島第1原発での作業に限り、上限を250ミリシーベルトに引き上げている。

■語句や人物の解説は左の【ウェブ百科事典】を活用して下さい。

            

           

                        

|

« 岡田克也氏、閣僚3人増員提案 復興支援や原発問題担当特命相 | トップページ | 原発推進政策の見直し必至 福島の深刻な事故受け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51157633

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発事故、国内最悪レベル5 スリーマイル並み:

» 福島原発、事故レベルは5 [りゅうちゃんミストラル]
地震による福島原発の事故レベルは国内過去最高の5になった。今も現地では必死の作業が続いている。   福島原発事故、スリーマイル並み=国内最悪の「レベル5」(時事通信)7... [続きを読む]

受信: 2011/03/20 10:45

» 原発にかわる代替エネルギーは? その1 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
福島での原発事故が長引くにつれ、世界でも『脱原発』の動きがちょっと息を吹き返していると聞く。 おそらく日本でもこれを機に脱原発の動きが出てくるのだろうが、問題となるのは原発に代わる代替エネルギー...... [続きを読む]

受信: 2011/03/22 21:52

« 岡田克也氏、閣僚3人増員提案 復興支援や原発問題担当特命相 | トップページ | 原発推進政策の見直し必至 福島の深刻な事故受け »