« 和田アキ子、膠原病&シェーグレン症候群か!? | トップページ | 薬師寺東塔の内部を公開 奈良時代の創建以来初 »

日航、復活した鶴丸の1号機でタンチョウ観察ツアー

会社更生手続き中の日本航空は28日午後、ツルをモチーフにした赤いロゴ鶴丸を復活させた1号機の初フライトで羽田空港から釧路空港へ向かい、北海道でタンチョウを観察するツアーを開催した。

Photo羽田の天候不良により航空機の到着が約1時間遅れて日没前になったものの、空港からバスで阿寒国際ツルセンター(釧路市)に到着。タンチョウが美しく羽ばたく姿を眺めた。
参加した大西賢社長は、「当社(の経営)もタンチョウのように見事に飛び立ち、皆さんに愛してもらえる航空会社を目指して頑張りたい」と決意を新たにした。

鶴丸を尾翼に復活させた1号機は、ボーイングの中型機767。鶴丸は08年に姿を消したが、日本航空はことし3月末で更生手続きを終え、4月から自主再建に移行する再生の象徴として復活させる。(共同・他)


  楽しいこと叶う、リステル  



  


|

« 和田アキ子、膠原病&シェーグレン症候群か!? | トップページ | 薬師寺東塔の内部を公開 奈良時代の創建以来初 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50999568

この記事へのトラックバック一覧です: 日航、復活した鶴丸の1号機でタンチョウ観察ツアー:

« 和田アキ子、膠原病&シェーグレン症候群か!? | トップページ | 薬師寺東塔の内部を公開 奈良時代の創建以来初 »