« ACジャパン、テレビCMで抗議を受け 新CM開始. | トップページ | 浅草三社祭、中止へ 戦後初めて 例大祭式典のみ »

宮城県9市町、遺体を土葬へ 燃料不足で火葬に限界

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県で仙台市や南三陸町など9市町が犠牲者を土葬する方針を決めたことが20日、県などへの取材で分かった。仙台市などは身元不明者に限定する。

Photo_4一部の自治体では22日にも実施する見通し。

11日の震災後、収容遺体の安置期間は長期化。燃料不足も重なって火葬能力に限界があり、遺体の尊厳を保つ上でも早期に埋葬する必要があると判断した。

ただ行方不明となった家族を捜す人も多数おり、反発も出そうだ。

県によると、仮土葬とし遺留品は別に保管する。身元が判明して遺族らが希望すれば、掘り起こして火葬することも可能。
一定期間、経過しても身元不明の場合はそのまま本土葬とする。埋葬先は原則、遺体を発見した自治体となる。

土葬方針を決めた9市町は仙台、気仙沼、東松島、石巻、名取の5市と南三陸、女川、山元、亘理の4町。仙台市は青葉区の市営葛岡墓園に墓地を整備、遺留品は別に保管場所を設ける。

同市の奥山恵美子市長は20日の災害対策本部会議で、こうした準備が整い次第、身元不明者に限り土葬する方針を示した上で、「一段落すれば慰霊碑を建立し、安らかにお眠り頂くよう祈りたい」と述べた。

宮城県では、これまでに5千人を上回る遺体を収容。県警によると、このうち約8割は身元不明分を含めて引き取られず、収容所に安置されている。

震災で多くの犠牲者が出ている岩手、宮城、福島3県のうち、岩手県では釜石市が土葬する方針。福島県では現時点で土葬する市町村はない。

■語句や人物の解説は左の【ウェブ百科事典<>】を活用して下さい。


            



           



                        


|

« ACジャパン、テレビCMで抗議を受け 新CM開始. | トップページ | 浅草三社祭、中止へ 戦後初めて 例大祭式典のみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51174430

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県9市町、遺体を土葬へ 燃料不足で火葬に限界:

« ACジャパン、テレビCMで抗議を受け 新CM開始. | トップページ | 浅草三社祭、中止へ 戦後初めて 例大祭式典のみ »