« 東日本大震災を激甚災害に指定 政府 | トップページ | 東日本大震災をマグニチュード8.8から9.0に修正 気象庁 »

東祥三内閣府防災担当副大臣、ヘリ視察中に居眠りで怒りの声 宮城県

政府の代表として宮城県を訪れた東祥三内閣府副大臣(防災担当)が12日朝、上空からヘリコプターで被災地を視察した際、居眠りをしていたとして、同乗した宮城県関係者から、

Photo_2眼下で多くの県民の命が失われているのに、どういうつもりか」と怒りの声が上がっている。

11日夜に宮城県入りした東祥三氏は12日午前7時、仙台市の陸上自衛隊基地からヘリコプターに乗り込み、宮城県亘理町から岩手県釜石市まで2時間半にわたって三陸沿岸部を視察した。

村井嘉浩宮城県知事や市村浩一郎国土交通政務官を含む約20人も同乗。

上空から見た沿岸地域は殆どの民家が流され、「どの場所も口では言い表せない惨状だった」にもかかわらず、顔をうつむかせ寝ていたという。

読売新聞の取材に対し、氏は、「熟睡したわけではない。座った時にうとうとした」と眠っていたことを認めた上で、「あってはならないが、地震発生後から睡眠をとっていないという事情もある」と釈明した。(読売・他)

■語句や人物の解説は左の【ウェブ百科事典】を活用して下さい。


            



  


|

« 東日本大震災を激甚災害に指定 政府 | トップページ | 東日本大震災をマグニチュード8.8から9.0に修正 気象庁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51107168

この記事へのトラックバック一覧です: 東祥三内閣府防災担当副大臣、ヘリ視察中に居眠りで怒りの声 宮城県:

» ★東・内閣府副大臣、ヘリ視察中に居眠り [スナフキン・レポート♪]
東・内閣府副大臣、ヘリ視察中に居眠り lt; 政府の代表として宮城県を訪れた東祥三内閣府副大臣(防災担当)が12日朝、上空からヘリで被災地を視察した際、居眠りをしていたとして、同乗した同県関係者から「眼下で多くの県民の命が失われているのに、どういう...... [続きを読む]

受信: 2011/03/13 15:44

« 東日本大震災を激甚災害に指定 政府 | トップページ | 東日本大震災をマグニチュード8.8から9.0に修正 気象庁 »