« 織田裕二主演「外交官 黒田康作」でメキシコに謝罪 | トップページ | サレハ大統領の即時退陣を求め2万人 イエメン »

アブドラ国王、ムスリム同胞団などと会談 ヨルダン

ヨルダン国営ペトラ通信によると、アブドラ国王は3日、首都アンマンで穏健派イスラム原理主義組織ムスリム同胞団や同胞団の政治部門の野党、イスラム行動戦線の幹部らと会談した。

Photo_2「改革の歩みが遅く、つまずいている」ことを率直に認めた上で、政治・経済改革に向けた協調を呼び掛けた。
国王が同胞団の幹部と会談するのは異例。
ヨルダンではエジプト騒乱などに触発された反政府デモが繰り返されており、事態の沈静化のため歩み寄りを図った形だ。

行動戦線のマンスール代表は先に、新首相に任命されたバヒート氏から新政権への参加を打診されたが、断ったことを明らかにしている。

国王は、「政策決定への市民参加(の機会)を増やす政治改革」を進めるため、国民が協力して取り組む必要があると述べ、野党勢力が要望している選挙制度改革への意欲を示唆した。

「経済改革も政治改革なしでは実現できない」と強調した。国王は1日、国民の不満解消を狙ってリファイ首相を更迭したが、野党勢力はデモ継続を主張している。【エルサレム=共同】

★エジプトのこともあり、アブドラ国王は国民の刃やいばがいつ自分に向かってくるか怖いのだろう。
大統領が自己保身のために副大統領や首相を更迭するように、国王は大統領や首相を更迭することによって、延命を図ろうとする。



    




         


|

« 織田裕二主演「外交官 黒田康作」でメキシコに謝罪 | トップページ | サレハ大統領の即時退陣を求め2万人 イエメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50772608

この記事へのトラックバック一覧です: アブドラ国王、ムスリム同胞団などと会談 ヨルダン:

« 織田裕二主演「外交官 黒田康作」でメキシコに謝罪 | トップページ | サレハ大統領の即時退陣を求め2万人 イエメン »