« フィギュアスケート選手9人に年齢詐称疑惑 中国 | トップページ | 高橋大輔首位発進 羽生結弦3 小塚崇彦6 四大陸選手権 »

応神陵に立ち入り調査へ 内壕外側 天皇陵初

宮内庁は18日までに、日本で2番目に大きい応神天皇陵(誉田御廟山こんだごびょうやま古墳、大阪府羽曳野市)への立ち入り調査を許可したと日本考古学協会に伝えた。考古学、歴史学の学会計16団体は24日午後に調査する。

Photo_5陵墓の立ち入り調査は08年の神功皇后陵(五社神ごさし古墳、奈良市)以来、今回で5件目だが天皇陵は初めて。

調査は内壕を取り囲む土手部分を約2時間かけて実施する予定で、墳丘本体には入らない。

応神天皇陵は古市古墳群の一つで、5世紀前半の築造とされ全長約425㍍の前方後円墳。二重の周濠を持ち、明治時代に宮内省(当時)が内壕の浚渫しゅんせつをした際に水鳥の埴輪などが出土した。

応神天皇は中国の史書に登場する倭の五王の一人とみられ、被葬者は応神天皇本人とみる研究者もいる。

 


                              

   

                                    

                                     

|

« フィギュアスケート選手9人に年齢詐称疑惑 中国 | トップページ | 高橋大輔首位発進 羽生結弦3 小塚崇彦6 四大陸選手権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50904868

この記事へのトラックバック一覧です: 応神陵に立ち入り調査へ 内壕外側 天皇陵初:

« フィギュアスケート選手9人に年齢詐称疑惑 中国 | トップページ | 高橋大輔首位発進 羽生結弦3 小塚崇彦6 四大陸選手権 »