« 九州新幹線に完成検査合格書を交付 国土交通省 | トップページ | 村上佳菜子、首位発進 今井遥2位 冬季アジア大会 »

テイン・セイン首相、ミャンマー/ビルマ初代大統領に

ミャンマー(ビルマ)で開会中の国会で4日、国家元首の大統領に軍事政権序列4位のテイン・セイン首相65が選出された。軍政トップのタン・シュエ国家平和発展評議会(SPDC)議長78から権限を移譲される。

Photo_6軍政は民政移管と主張するが、予想通り新トップも軍政系から選ばれた。
テイン・セイン首相は67年に国軍士官学校卒。国防省軍務総局長、SPDC第1書記などを務め、大将の地位にあった昨年8月に軍を退役。軍事政権翼賛の連邦団結発展党/USDPの党首となって下院に立候補し、当選していた。

USDPと軍人議員で両院の8割超を占めるうえに、大統領、副大統領の3人もUSDPの議員で、軍政系の権力は揺るぎそうにない。タン・シュエ議長はUSDPの名誉総裁などの地位につくのではないかとの見方が出ている。




    




         


|

« 九州新幹線に完成検査合格書を交付 国土交通省 | トップページ | 村上佳菜子、首位発進 今井遥2位 冬季アジア大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50775530

この記事へのトラックバック一覧です: テイン・セイン首相、ミャンマー/ビルマ初代大統領に:

« 九州新幹線に完成検査合格書を交付 国土交通省 | トップページ | 村上佳菜子、首位発進 今井遥2位 冬季アジア大会 »