« JR東日本水戸支社、常磐線の特急列車の愛称を募集 | トップページ | 十両力士数人、携帯電話で八百長メール 勝ち星を売買 »

天然ウナギの産卵場所を特定、マリアナ諸島沖

東京大学大気海洋研究所と水産総合研究センターの研究グループが、ニホンウナギの卵の採取に世界で初めて成功した。場所はグアム島の西方海域。長年の謎とされてきたニホンウナギの産卵場所が特定された。

Photo産卵環境が詳しくわかれば、完全養殖の実用化に向けて弾みがつきそうだ。
1日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に発表した。

Photo_2採取場所はマリアナ諸島のグアム島から西へ約370kmで、海底山脈西マリアナ海嶺の南端付近。水深約160㍍前後から31個の卵がとれ、DNAの解析でニホンウナギと判明した。
直径は約1.6mmで、受精から約30時間とみられる。

ニホンウナギの産卵場所は、産卵直後の親ウナギの捕獲などからマリアナ諸島沖と推定されていたが、今回、正確に特定できた。
卵は2日程度で孵化してしまうため、採取が難しかった。




                            




    


|

« JR東日本水戸支社、常磐線の特急列車の愛称を募集 | トップページ | 十両力士数人、携帯電話で八百長メール 勝ち星を売買 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50753916

この記事へのトラックバック一覧です: 天然ウナギの産卵場所を特定、マリアナ諸島沖:

« JR東日本水戸支社、常磐線の特急列車の愛称を募集 | トップページ | 十両力士数人、携帯電話で八百長メール 勝ち星を売買 »