« タイ、カンボジア両国軍、国境付近で交戦 住民1人死亡 | トップページ | 荒川静香、プリンスアイスワールド2011 in YOKOHAMA »

青木宣親、故郷の宮崎に義援金 1安打につき1万円

ヤクルトの青木宣親外野手29が4日、霧島山・新燃岳の噴火被害を受けている故郷・宮崎県に、今季の安打数につき1万円の義援金を送ることを明かした。

「何かしてあげたいなと思っていた。宮崎の方々に希望を与えられれば」。
地元愛の強い背番号1が青木基金を設立する。「実家(日向市)にも火山灰が飛んできているみたい」。

06年の豪雨被害にはオールスター第1戦でのMVP賞金の一部を送り、昨年の口蹄疫被害では、神宮でのチャリティーサイン会や義援金で支援。最多安打は今季掲げた目標の一つ。ヒットを量産して、宮崎を勇気づける。

■妻は、元テレビ東京アナウンサーの青木佐知さん。

     和田毅ゴールデンスピリット賞←長嶋茂雄氏祝辞


■宮崎県日向高等学校を経て早稲田大学人間科学部スポーツ科学科に指定校推薦により進学。「とにかく勉強するよりなかった」
高校時代は投手だったが、大学入学後、投手の練習は走り込みが多いと知り、外野手に転向した。
同期には鳥谷敬、比嘉寿光、由田慎太郎が、1学年上には和田毅、1学年下には田中浩康、2学年下には武内晋一、越智大祐。
主に1番・田中、2番・青木、3番・鳥谷、4番・比嘉、5番・武内、6番・由田という、6人全員がプロ入りした強力打線において、チャンスメーカーとして活躍し、早大野球部史上初の4連覇に貢献している。


                            



    


|

« タイ、カンボジア両国軍、国境付近で交戦 住民1人死亡 | トップページ | 荒川静香、プリンスアイスワールド2011 in YOKOHAMA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50780199

この記事へのトラックバック一覧です: 青木宣親、故郷の宮崎に義援金 1安打につき1万円:

« タイ、カンボジア両国軍、国境付近で交戦 住民1人死亡 | トップページ | 荒川静香、プリンスアイスワールド2011 in YOKOHAMA »