« 東京メトロ銀座線の新型:1000形は地下鉄発祥の色 | トップページ | 瑛太と永山絢斗兄弟の父、永山博文さん自殺 »

有馬頼底相国寺派管長、約2億円の申告漏れ 金閣・銀閣の住職

金閣寺と銀閣寺の住職を兼ねる臨済宗・相国寺派の有馬頼底らいてい管長78が、大阪国税局から3年間でおよそ2億円の申告漏れを指摘された。その収入源は、著名人などが毛筆で文字を書く揮毫

Photo_805年、有馬頼底氏は、当時の小泉首相とアメリカのブッシュ大統領を案内した。「朱扇をお土産に差し上げた。それぞれ、別の揮毫を書いて差し上げました」。

有馬氏は、美術品の販売業者から依頼され、掛け軸などに揮毫を書いて収入を得ていた。それを非課税のお布施ととらえ、個人の所得としては申告していなかった。

17日午後、「(認識としてはお布施?)そういうことですね」、「知らんがな、知らんかったんや。いつの間にかそうなっとってね」。約1億円余りの追徴課税を既に納付済。




    




                            




★行きたい国と、その理由を答えるだけです→


|

« 東京メトロ銀座線の新型:1000形は地下鉄発祥の色 | トップページ | 瑛太と永山絢斗兄弟の父、永山博文さん自殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50906000

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬頼底相国寺派管長、約2億円の申告漏れ 金閣・銀閣の住職:

« 東京メトロ銀座線の新型:1000形は地下鉄発祥の色 | トップページ | 瑛太と永山絢斗兄弟の父、永山博文さん自殺 »