« 山下敬二郎さん死去 ロカビリーで活躍 | トップページ | 浅田真央、オリジナルブランドMaoMaoを発表 »

中国のステルス戦闘機を確認 滑走実施 近く尖閣へ?

中国の軍系航空機メーカーがレーダーに捕捉されにくい最新型の次世代ステルス戦闘機殲20/J-20を開発、四川省成都で試作機の滑走試験を行ったことが共同通信が入手した写真で6日、明らかになった。

Photo_4近日中にテスト飛行を行うもよう。
殲20/J-20については、昨年末からインターネット上に真偽が不明の画像が出回っていたが、撮影場所などが特定された写真で確認されたのは初めて。

実際の運用までには7~10年かかるとみられるが、第5世代と呼ばれるステルス戦闘機を単独で開発している国は世界で米国だけ。「アジアの軍事バランスに影響を与える可能性もある」(西側軍事筋)。【成都共同】

★遅れてきた帝国主義のような中国共産党は、軍事力の増強に応じて領土・領海が広がるのは当然と思っているフシがある。

尖閣の次は沖縄、沖縄の次は九州、九州の次は中国・四国、その次は……。
一部の扇動に乗るつもりはないが、何やら物騒な予感は拭えない。

" reinit="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">


                           



                               



      


|

« 山下敬二郎さん死去 ロカビリーで活躍 | トップページ | 浅田真央、オリジナルブランドMaoMaoを発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50509943

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のステルス戦闘機を確認 滑走実施 近く尖閣へ?:

» どうなる英空母インビンシブル? [つらつら日暮らし]
なんか、中国は世界中のスクラップ空母を買うつもりなのかね? [続きを読む]

受信: 2011/01/06 18:22

» コピーでもなんでも、自前でステルス戦闘機を開発できるってのは正直すごいなと思います [ピア 徒然見聞録]
思いますけど、コピーだとすれば本家には勝てないのは当然でしょうから戦闘機=兵器としてはどうなの?ということは変わりありませんが… →中国の次世代ステルス戦闘機「殲20」の試作機が完成 「F22」に似る - MSN産経ニュース 中国の次世代ス... [続きを読む]

受信: 2011/01/08 14:29

« 山下敬二郎さん死去 ロカビリーで活躍 | トップページ | 浅田真央、オリジナルブランドMaoMaoを発表 »