« 桑田真澄氏、斎藤佑樹に開幕2軍スタートのススメ | トップページ | 流氷初日、斜里・ウトロに接岸 網走で目視 »

山形大学、ナスカの地上絵/人頭と動物を新たに発見

山形大は18日、人文学部の坂井正人教授らの研究チームがナスカの地上絵(1994年に世界遺産登録)で知られるペルー・ナスカ台地で、人間の頭と動物とみられる地上絵2点を新たに発見したと発表した。

Photo_2発見場所はナスカ台地南西部にあるカワチ神殿付近。2点とも台地にある黒い石を取り除いて描かれ、人の頭とみられる絵は縦約4.2㍍、横約3.1㍍。目や口、耳らしきものが確認できる。

付近の土器などからナスカ期(紀元前200年~後600年頃)前期かそれ以前に描かれたと推定される。動物とみられる絵は縦約2.7㍍、横約6.9㍍。胴体や足らしきものが確認できるが、動物の種類や描かれた時期は不明という。

新たな2点について渡辺洋一人文学部長は、「神殿と地上絵の関係などの解明につながる可能性のある重要な発見」と説明した。(毎日jp他)

" reinit="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">

                                    

                                  

       

|

« 桑田真澄氏、斎藤佑樹に開幕2軍スタートのススメ | トップページ | 流氷初日、斜里・ウトロに接岸 網走で目視 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50627581

この記事へのトラックバック一覧です: 山形大学、ナスカの地上絵/人頭と動物を新たに発見:

« 桑田真澄氏、斎藤佑樹に開幕2軍スタートのススメ | トップページ | 流氷初日、斜里・ウトロに接岸 網走で目視 »