« 明石家さんま「恋のから騒ぎ」17年の歴史に幕 | トップページ | 間寛平、地球を一周してゴール アースマラソン »

恭仁京の排水溝跡か 上狛北遺跡で発見  京都

京都府木津川市の上狛北かみこまきた遺跡で、奈良時代中期の排水溝とみられる長さ約100㍍の溝跡や、大量の須恵器などが見つかり、府埋蔵文化財調査研究センターが20日、発表した。

Photo_3続日本紀には740年に平城京から遷都し、聖武天皇が造営した恭仁くにの構造について、「鹿背かせ山を挟み、左京と右京に分かれる」との記述がある。
発見された溝跡は鹿背山の西側で、センターは、「恭仁京の右京の遺構ではないか」としている。

恭仁京をめぐってはこれまでの発掘調査で、左京とみられる区域に大極殿の回廊跡などが見つかっているが、右京の遺構は確認されていなかった。

" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">


                           




                       




       


|

« 明石家さんま「恋のから騒ぎ」17年の歴史に幕 | トップページ | 間寛平、地球を一周してゴール アースマラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50647466

この記事へのトラックバック一覧です: 恭仁京の排水溝跡か 上狛北遺跡で発見  京都:

« 明石家さんま「恋のから騒ぎ」17年の歴史に幕 | トップページ | 間寛平、地球を一周してゴール アースマラソン »