« 日本、逆転勝ちで準決勝へ サッカー・アジア杯 | トップページ | 江川卓氏、斎藤佑樹を絶賛「北別府投法で200勝いける」 »

清野拡気仙沼署長、署長官舎で首つり自殺か 宮城

宮城県警気仙沼署の清野拡署長51が気仙沼市の署長官舎で首をつり死亡していたことが21日、県警への取材で分かった。遺書が見つかっており、県警は自殺とみて調べている。

Photo20日午後1時半ごろ、同市南郷の署長官舎の物置小屋で、清野拡署長が首をつっているのを署員が発見。
病院に運んだが、死亡が確認された。

清野拡署長は20日朝、通常通り署に出勤。午前中に勤務をした後、昼休みに官舎に行くと署員に伝えて外出。昼休みが終わっても戻らないことから、署員が様子を見に行き発見した




       




                       




                           


|

« 日本、逆転勝ちで準決勝へ サッカー・アジア杯 | トップページ | 江川卓氏、斎藤佑樹を絶賛「北別府投法で200勝いける」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50652669

この記事へのトラックバック一覧です: 清野拡気仙沼署長、署長官舎で首つり自殺か 宮城:

« 日本、逆転勝ちで準決勝へ サッカー・アジア杯 | トップページ | 江川卓氏、斎藤佑樹を絶賛「北別府投法で200勝いける」 »