« NHK新会長に松本正之氏 JR東海副会長 | トップページ | ベルルスコーニ首相に出頭要請 少女買春の疑い ミラノ地検 »

中国軍、北朝鮮の羅先経済特区に駐留

15日付の朝鮮日報は、中国やロシアとの国境に近い北朝鮮北東部の羅先経済特区に最近、中国軍が進駐したと報じた。中国軍の北朝鮮駐留は、94年12月に板門店の軍事停戦委員会から撤退して以来17年ぶり。

Photo_9朝鮮日報によると、韓国青瓦台(大統領府)当局者は、「中国が羅先に投資した港湾施設などを警備するため、少数の中国軍を駐屯させる問題について北と議論したと理解している」と説明。

「中国軍が駐留したとすれば、政治・軍事的な理由というより、施設警備や中国人保護が目的だろう」。

駐留軍の規模は確認されていないが、外交通商省高官は、「駐留を契機に中国は有事の際、自国民保護などの名目で兵力を大量に投入し、朝鮮半島問題に介入できる」との見方を示した。【ソウル時事・他】



                           



      


|

« NHK新会長に松本正之氏 JR東海副会長 | トップページ | ベルルスコーニ首相に出頭要請 少女買春の疑い ミラノ地検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50595837

この記事へのトラックバック一覧です: 中国軍、北朝鮮の羅先経済特区に駐留:

« NHK新会長に松本正之氏 JR東海副会長 | トップページ | ベルルスコーニ首相に出頭要請 少女買春の疑い ミラノ地検 »