« 斎藤佑樹、イチローと同じ「バウ企画」に所属決定 | トップページ | 明治村、SLと路面電車 20日から休止 老朽化進み点検 »

モササウルスの顎化石を和泉山脈で発見 宇都宮聡氏

大型海生爬虫類モササウルス、国内最大級の顎の化石が、大阪府泉南市の中生代白亜紀末期(約6600万年前)の地層から見つかった。発見者の東大阪市の宇都宮聡さん41が18日、きしわだ自然資料館(岸和田市)に寄贈した。

Photo_5 モササウルスは陸で繁栄したティラノサウルスと並び海の王者とも呼ばれる。化石は茶色で長さ約16cm、幅約8cm。
鑑定した日本古生物学会特別会員の教諭谷本正浩氏57によると、歯の付け根や生えかけの歯が観察でき、歯の大きさから全長10㍍前後の個体とみられる。

宇都宮聡氏は化石採集が趣味で、今年3月、泉南市の和泉山中の沢で化石を発見した。恐竜が絶滅する直前の地層で、国内では最も新しい年代のモササウルス化石という




                           




                            




                    


|

« 斎藤佑樹、イチローと同じ「バウ企画」に所属決定 | トップページ | 明治村、SLと路面電車 20日から休止 老朽化進み点検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50333990

この記事へのトラックバック一覧です: モササウルスの顎化石を和泉山脈で発見 宇都宮聡氏:

« 斎藤佑樹、イチローと同じ「バウ企画」に所属決定 | トップページ | 明治村、SLと路面電車 20日から休止 老朽化進み点検 »