« 2PM K-POP最強の野獣アイドル、日本上陸 | トップページ | 南座代役の片岡愛之助に直筆の詫び状 市川海老蔵 »

あかつき、エンジン逆噴射開始後に通信途絶 金星探査機

宇宙航空研究開発機構/JAXAによると、今年5月に打ち上げられた日本初の金星探査機あかつきは7日午前、金星から約550㌔の地点で周回軌道投入のためのエンジン逆噴射を開始した後、通信が途絶えた。

Photo午前10時現在、通信は再開していない。

日本の惑星探査機では、98年に打ち上げた火星探査機のぞみが03年、軌道投入に失敗しており、あかつきは8年越しのリベンジの惑星探査機として期待されている。

あかつきは打ち上げ以降、金星を追いかける形で飛行していたが、7日午前8時49分、減速のためのエンジン逆噴射を開始。逆噴射後間もなく、地球から見て金星の裏側に入ったため通信が途絶えた。

計画では、午前9時12分に通信が再開する予定だったが、午前10時現在、通信が確立できていないという。

" reinit="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">


     



              


|

« 2PM K-POP最強の野獣アイドル、日本上陸 | トップページ | 南座代役の片岡愛之助に直筆の詫び状 市川海老蔵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50234633

この記事へのトラックバック一覧です: あかつき、エンジン逆噴射開始後に通信途絶 金星探査機:

« 2PM K-POP最強の野獣アイドル、日本上陸 | トップページ | 南座代役の片岡愛之助に直筆の詫び状 市川海老蔵 »