« 斎藤佑樹、札幌ドームで日本ハム入団会見 8000人集結 | トップページ | 坂東玉三郎特別公演が代替、初春花形歌舞伎 »

大田皇女の墓か、越塚御門古墳 牽牛子塚古墳の近く

斉明天皇594~661の墓と確実視されている奈良県明日香村の牽牛子塚けんごしづか古墳(7世紀後半)の約20㍍南東で新たに棺を納める別の石室が見つかり、同村教育委員会は9日、この石室周囲を地名から越塚御門こしつかごもん古墳と名付けた、と発表した。

Photo_5石室の位置関係などが、斉明天皇の墓の前に中大兄皇子(後の天智天皇)の娘・大田皇女おおたのひめみこが葬られたとする奈良時代の歴史書・日本書紀の記述と符合しており、専門家は日本書紀の記述を裏付ける歴史的な発見として注目している。

新たな石室は木棺を置く床石と、それを覆う天井石を組み合わせたドーム状。

幅3㍍、奥行き3.5㍍、高さ2.6㍍。天井石は壊れ、一部しか残っていないが、床石はほぼ完全な状態で出土した。

大田皇女は飛鳥時代の政治改革・大化の改新の立役者・中大兄皇子の娘。夫は中大兄の弟・大海人皇子(後の天武天皇)だが、夫の即位前、2人の子どもを残して他界したとされている。

■現地見学会は11、12日の午前10時~午後4時。近鉄飛鳥駅から徒歩15分。問い合わせは明日香村教委文化財課:0744・54・5600 

" reinit="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">


                 


|

« 斎藤佑樹、札幌ドームで日本ハム入団会見 8000人集結 | トップページ | 坂東玉三郎特別公演が代替、初春花形歌舞伎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50255328

この記事へのトラックバック一覧です: 大田皇女の墓か、越塚御門古墳 牽牛子塚古墳の近く :

« 斎藤佑樹、札幌ドームで日本ハム入団会見 8000人集結 | トップページ | 坂東玉三郎特別公演が代替、初春花形歌舞伎 »