« 博多駅 出会い献上が完成 博多駅筑紫口に壁画 | トップページ | 斎藤勇太、茨城JR取手駅西口で通り魔 13人重軽傷 »

大林宏検事総長が辞任へ 後任は笠間治雄氏が有力

大林宏検事総長が辞任の意向を固めた要因とみられる押収資料改竄かいざん犯人隠避事件の舞台となった大阪地検と大阪高検の幹部らは、一様に無念そうな表情を見せた。

Photo_6幹部の一人は、「われわれが検察全体の信頼をおとしめ、総長を辞任にまで追い込んだのは申し訳なく思う」と唇をかみ、「身を律して誠実に職務に邁進している。その結果を国民に見てもらい、信頼回復につなげるしかない」。

別の幹部は、「検証結果を年内にまとめた上で辞任するのは、責任の取り方としては納得できる」としながらも、「検察が幕引きを考えていると国民に誤解されるのが怖い。総長が辞めるというのは、われわれにとって大変な事態なのだが…」と硬い表情で話した。

一方、ある幹部は、「職を全うしていただきたかった。改竄事件当時は無関係のポストにいた人だからこそ、虚心坦懐にできることもあったのではないか」。

後任は、笠間治雄・東京高検検事長が有力と見られる。

   特捜の前田恒彦主任検事、証拠隠滅容疑で逮捕

   前特捜部長ら、犯人隠避容疑で逮捕 最高検



                                 



                            


|

« 博多駅 出会い献上が完成 博多駅筑紫口に壁画 | トップページ | 斎藤勇太、茨城JR取手駅西口で通り魔 13人重軽傷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50319630

この記事へのトラックバック一覧です: 大林宏検事総長が辞任へ 後任は笠間治雄氏が有力:

» 検事総長が引責辞任? [いい加減社長の日記]
このタイミングなのか・・・ 大阪地検特捜部が手がけた郵便不正事件と、その後に発覚した証拠改ざん・犯人隠避事件を受けて検察トップの大林宏検事総長とともに、最高検ナンバー2の伊藤鉄男次長検事も年内に辞職する意向を固めたそうです。 厚生労働省の文書偽造事件に端を... [続きを読む]

受信: 2010/12/17 07:27

« 博多駅 出会い献上が完成 博多駅筑紫口に壁画 | トップページ | 斎藤勇太、茨城JR取手駅西口で通り魔 13人重軽傷 »