« あかつき、エンジン逆噴射開始後に通信途絶 金星探査機 | トップページ | YouTubeに、NHK番組コレクションを開設 »

南座代役の片岡愛之助に直筆の詫び状 市川海老蔵

市川海老蔵33が重傷を負った事件で、6日朝のスーパーモーニング(テレ朝)は、海老蔵が、顔面などの負傷により降板した京都・南座の吉例顔見世興行で代役を務める片岡愛之助に、直筆の詫び状を送っていたことを報じた。

Photo_3片岡愛之助によると、わび状が届いたのは4日。

毛筆による直筆で、「このたびはご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません」などとおわびの言葉とともに、代役を務めてもらっていることに対し、感謝の言葉が綴られていたという。

番組の取材に対し、片岡愛之助は、「お手紙を書けるくらい体に何も支障がなかったんだと思い、ホッとしました」と話していた。

吉例顔見世興行では、劇場正面に掲げられていた海老蔵まねき看板が、4日深夜から5日未明にかけて取り外された。

" reinit="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">


     


|

« あかつき、エンジン逆噴射開始後に通信途絶 金星探査機 | トップページ | YouTubeに、NHK番組コレクションを開設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50235373

この記事へのトラックバック一覧です: 南座代役の片岡愛之助に直筆の詫び状 市川海老蔵:

« あかつき、エンジン逆噴射開始後に通信途絶 金星探査機 | トップページ | YouTubeに、NHK番組コレクションを開設 »