« ノーベル平和賞、19カ国が授賞式欠席 劉暁波氏 | トップページ | あかつき、金星周回軌道投入に失敗 JAXA発表 »

日本、読解力改善 理数持ち直す 初参加の上海が1位独占

経済協力開発機構/OECDは7日、65カ国・地域の15歳約47万人を対象に09年に実施した学習到達度調査/PISA(Programme for International Student Assessment)の結果を公表した。

文章やグラフの内容を読み取る読解力は、前回06年調査の15位から8位に上がり、科学的応用力は6位から5位、数学的応用力も10位から9位となった。

Photo_23分野とも、00年の調査開始以降の下落傾向に歯止めがかかった。
前回よりも参加国・地域が8増え、3分野とも初参加の上海が1位だった。今回は4回目。
日本では無作為に選ばれた185校の高校1年生約6000人が参加した。

文科省は改善の背景について全国学力・学習状況調査を通じてPISAを意識した授業の工夫や読書活動の推進が効果があったとしている。

OECDは得点平均が500点になるよう調整。日本の読解力は06年より22点上回って520点と大幅に改善。00年との差も2点下回る程度に縮まった。

数学的応用力は前回に比べて6点、科学的応用力も8点それぞれ上昇したが、00年に比べると数学的応用力は28点、科学的応用力は11点及ばず。

Photo_3読解力の得点分布を8段階に分けると、日本は上位2層が全体の13.4%。以前は6層分類だったため単純比較はできないが、06年の最上位層より4ポイント増えた。下位2層は4.7%で前回より2ポイント減。

ただ、下位層の多さは読解力トップ10では最多で、上位の上海や韓国、フィンランドは2%以下。文科省は、「下位層を引き上げるには、生徒個々に応じた指導が必要」。

全体ではアジア勢の躍進が目立っており、2位は読解力が韓国、数学的応用力は初参加のシンガポール、科学的応用力はフィンランドだった。
中国のようなOECD非加盟国は地域単位の参加が認められている。

OECD学習到達度調査/PISA (3年ごとに実施)

15歳段階で習得した知識や技能を実生活で活用できるかを評価する国際的なテスト。①読解力②数学的応用力③科学的応用力の3分野がある。

今回は読解力が重点分野。自ら考え、自分の言葉で説明する力をみるために解答までのプロセスが重視される。


ホテルリステル猪苗代ウイングタワー&本館


|

« ノーベル平和賞、19カ国が授賞式欠席 劉暁波氏 | トップページ | あかつき、金星周回軌道投入に失敗 JAXA発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50243660

この記事へのトラックバック一覧です: 日本、読解力改善 理数持ち直す 初参加の上海が1位独占 :

« ノーベル平和賞、19カ国が授賞式欠席 劉暁波氏 | トップページ | あかつき、金星周回軌道投入に失敗 JAXA発表 »