« 村上佳菜子2位発進 コストナー首位 スケートアメリカSP | トップページ | 聴取の保安官、第5管区海上保安本部を通じてコメント »

スー・チーさん解放 ミャンマー民主化進展には懐疑論

ミャンマー/ビルマの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんが13日、自宅軟禁から解放された。民主化の進展に期待する声が上がる一方で、軍政側の意図を疑問視する見方も強い。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、Photo_3アウン・サン・スー・チーさんの自宅軟禁が解除されるのはこれが3度目だと指摘。
前回、無条件で解除されたにも拘らず軟禁が繰り返された経緯に言及、今後も同様のことが起きる恐れがあると述べた。
また、軍政には7日実施の総選挙に続くスー・チーさんの解放によって対外イメージを改善し、国際社会からの圧力を緩和させようとの政治的計算があると語った。

米戦略国際問題研究所/CSISのアジア地域専門家も、軍政の動きに国内の和解を目指す兆しはみられず、人権侵害に関する国連の調査委員会設置など、国際的な孤立化策を牽制するのが狙いだと語る。
同氏によれば、軍政にはインドネシアや中国などの友好国と、米国、日本、オーストラリア、欧州諸国など強硬派との分裂を図る意図があるという。

一方、スー・チーさんが率いる国民民主連盟/NLDの幹部は、軟禁解除を現代ミャンマー史上の転換期と位置付け、民主化運動の高まりに期待を示す。

ピレイ国連人権高等弁務官は、スーチーさんの解放をミャンマー民主化へ向けた、「前向きの兆候」ととらえたうえで、軍政に対し2200人余りに上るとされる政治犯の釈放を改めて求めた。(CNN)から

                                      

|

« 村上佳菜子2位発進 コストナー首位 スケートアメリカSP | トップページ | 聴取の保安官、第5管区海上保安本部を通じてコメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50025172

この記事へのトラックバック一覧です: スー・チーさん解放 ミャンマー民主化進展には懐疑論:

» アウン・サン・スー・チーさん 解放される [王様の耳はロバの耳]
スー・チーさんを解放=7年半ぶり自由に―民主化運動困難も・ミャン... [続きを読む]

受信: 2010/11/14 12:40

» [ミャンマー]もはや敵とはみなされてない? [BBRの雑記帳]
7年半とは随分長かった。国際社会的にはこの国の民主化と抑圧の象徴という位置づけは [続きを読む]

受信: 2010/11/14 13:08

» スー・チーさん解放、素直に喜ぶ? [りゅうちゃんミストラル]
ビルマ(ミャンマー)は13日、アウン・サン・スー・チーさんを解放した。希望の声増補版価格:2,415円(税込、送料別)スー・チーさん解放 ミャンマー民主化進展には懐疑論(CN... [続きを読む]

受信: 2010/11/14 19:20

» ビルマ 1 [木霊の宿る町]
●以前にも書いたことのあるビルマ(ミャンマー)についてまた書きます↑1982年寺院のなかでおのまに話しかけてきたラングーン大学の女子大生おのまに住所を書いています●まずは最近の話題です1本7日(日曜日)1990年以来20年振りのミャンマーの総選挙が実施されました。我が国は,先般の日メコン首脳会議,日ミャンマー外相会談等を含め,これまで累次にわたりミャンマー政府に対し自由・公正で開かれた選挙を実施するよう働きかけてきました。その観点から,我が国は、アウン・サン・スー・チー女史の早期釈放やスー・チー女史... [続きを読む]

受信: 2010/11/16 03:01

« 村上佳菜子2位発進 コストナー首位 スケートアメリカSP | トップページ | 聴取の保安官、第5管区海上保安本部を通じてコメント »