« 白鵬、双葉山の69連勝へ 心技体、木鶏になる 大相撲 | トップページ | 菅直人氏、TPP協議開始を表明 APEC首脳会議開幕 »

新木山古墳発掘現場を公開 襟付き短甲埴輪を発見

宮内庁は12日、天皇らが埋葬された可能性があるとして管理する奈良県広陵町の新木山にきやま古墳(三吉みつよし陵墓参考地)の発掘現場を報道関係者に公開、畿内でも珍しい襟付き短甲埴輪の破片が見つかったことを明らかにした。

Photo_5午後には考古学研究者らに公開する。
破片は2点で、革で鉄板を固定した様子もリアルに表現していた。この埴輪は墓山古墳(大阪府羽曳野市)など数例しか出土例がないという。
宮内庁は1979年以降ほぼ毎年、陵墓修復などの際に発掘現場を公開しており、今回もその一環。

新木山古墳の本格発掘は初めてで、墳丘に柵を設けるのに伴い遺構や遺物を確認し、保全方法を検討するのが目的。

1_212カ所を発掘、円筒埴輪なども見つかった。発掘の結果、墳丘は広い範囲で削られていたが、江戸時代に再び土が盛られていたことも分かった。古墳は奈良盆地南西部に広がる馬見古墳群にあり、全長約200㍍の前方後円墳

町教委が87、88年に宮内庁の管理区域外を発掘、5世紀前半とみられる円筒埴輪などが出土した。調査は10月15日に始まり、東西に長い墳丘の南側すそ部分を発掘した。11月26日で終える予定。


                                      


|

« 白鵬、双葉山の69連勝へ 心技体、木鶏になる 大相撲 | トップページ | 菅直人氏、TPP協議開始を表明 APEC首脳会議開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/50006571

この記事へのトラックバック一覧です: 新木山古墳発掘現場を公開 襟付き短甲埴輪を発見:

« 白鵬、双葉山の69連勝へ 心技体、木鶏になる 大相撲 | トップページ | 菅直人氏、TPP協議開始を表明 APEC首脳会議開幕 »