« 東山紀之&木村佳乃、婚姻届を提出 舞台共演が縁 | トップページ | JR九州、新観光特急/あそぼーい!のイメージ発表  »

石橋湛山元首相、母校宛の手紙 老年ながら勉強…

元首相の石橋湛山(1884~1973)が、蔵相時代に軍費削減を求め、連合国軍総司令部から公職追放されていた48年、母校、旧制甲府中(現甲府一高)に送った手紙が見つかり、同高で展示されている。

Photo「志を立てたなら忍耐強く努力せよ」「私も老年ながら諸君に負けず勉強する」。後輩にあてた手紙は昨年、元同高教諭宅で発見された。
石橋湛山は政界復帰し、56年、第55代内閣総理大臣に。甲府一高同窓会の大西勉事務局長は、「信念を貫いて功績を残した湛山のように生徒たちも揺らぐことのない志を持って」。(読売・他)参照

1石橋湛山 東京生まれ。
早稲田大学卒業後、東洋経済新報社に入社。自由主義的立場から普通選挙論などの論陣を張った。
第二次大戦後、蔵相・通産相を歴任。昭和31年(1956)石橋内閣を組織したが、3か月足らずで病に倒れ総辞職。
中国やソ連との交流促進に尽力。


|

« 東山紀之&木村佳乃、婚姻届を提出 舞台共演が縁 | トップページ | JR九州、新観光特急/あそぼーい!のイメージ発表  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49829397

この記事へのトラックバック一覧です: 石橋湛山元首相、母校宛の手紙 老年ながら勉強…:

« 東山紀之&木村佳乃、婚姻届を提出 舞台共演が縁 | トップページ | JR九州、新観光特急/あそぼーい!のイメージ発表  »