« 高橋大輔・村上佳菜子ら、エキシビションで魅了 NHK杯 | トップページ | 東大寺大仏の足元に金銀荘大刀 1250年ぶり宝剣出土 »

菅内閣、TPP勉強会 関税撤廃の農業への影響を議論

菅直人首相は24日、全閣僚を公邸に招き、環太平洋パートナーシップ協定/TPPの勉強会を開いた。関税の撤廃が国内の農業に与える影響を中心に意見交換し、TPP交渉参加の是非を議論したが、結論は出なかった。

Photo11月中旬のアジア太平洋経済協力会議/APEC首脳会議に向けて引き続き協議する。出席者によると、首相は「10年後を見すえて農業をどうするかということと、国を開くということを両立しなければならない」。

この他、前原誠司外相と大畠章宏経済産業相はTPP参加に前向きな姿勢を示し、仙谷由人官房長官も、「しっかりした農業改革を進めながら、国を開く気概を持つべきだ」と語った。

鹿野道彦農林水産相は、「性急な参加表明は控えてほしい」と求めた。

★大臣らはともすれば、担当官庁の代弁者になり下がるが、農業が日本の行く末の足を引っ張っていいはずがない。
★保護された産業は国際競争力をなくすのが、歴史の教訓だ。




                


|

« 高橋大輔・村上佳菜子ら、エキシビションで魅了 NHK杯 | トップページ | 東大寺大仏の足元に金銀荘大刀 1250年ぶり宝剣出土 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49841149

この記事へのトラックバック一覧です: 菅内閣、TPP勉強会 関税撤廃の農業への影響を議論:

« 高橋大輔・村上佳菜子ら、エキシビションで魅了 NHK杯 | トップページ | 東大寺大仏の足元に金銀荘大刀 1250年ぶり宝剣出土 »