« 都電荒川線8800形に新色・バイオレット 22日に撮影会 | トップページ | 中国が欧米向けレアアースも輸出停止 ニューヨークtimes »

リニア中央新幹線、南アルプスルートで決着 国交省審

JR東海が計画しているリニア中央新幹線の東京(品川)~名古屋間のルートについて、交通政策審議会中央新幹線小委員会(国土交通相の諮問機関)は20日、JR東海が要望していた南アルプスを貫通する南アルプスルート/直線ルートが最も費用対便益が高いとの分析結果をまとめた。

Photoこれで、3案示されていたルートは、直線ルートで事実上決着。同小委は年内にも直線ルートを軸とする中間報告書を取りまとめ、来春には国交相に整備計画に格上げするよう答申する見込み。

分析結果によると、南アルプスルートは、建設費用約5.5兆円に対し、乗客の移動時間短縮といった各種便益を考慮した便益額が、その1.51倍に当たる約8.4兆円と試算された。

Photo_2南アルプスを迂回する伊那谷ルートは費用約6兆円に対して便益額が約7.5兆円にとどまった。

ルート選定をめぐっては、所要時間が最短で建設費も最少である直線ルートの採用を同社が主張する一方、長野県は地元自治体の要望を受け、伊那谷ルートとするよう求めていた。

JR東海は東京~名古屋間の開業時期を2027年、東京~大阪間を45年とする目標を掲げている。(毎日jp他)参照

                                        

                

|

« 都電荒川線8800形に新色・バイオレット 22日に撮影会 | トップページ | 中国が欧米向けレアアースも輸出停止 ニューヨークtimes »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49795148

この記事へのトラックバック一覧です: リニア中央新幹線、南アルプスルートで決着 国交省審:

» リニアは、直線ルートで決着? [いい加減社長の日記]
そら、直線の方が、安いだろうし、速いだろうし・・・ リニア中央新幹線のルート問題は、国土交通省の交通政策審議会中央新幹線小委員会が20日に公表した費用対効果の調査結果で、「直線ルート」の優位性が明記され、事実上、「直線」で決着しました。 小委員会は、投資費... [続きを読む]

受信: 2010/10/21 07:12

« 都電荒川線8800形に新色・バイオレット 22日に撮影会 | トップページ | 中国が欧米向けレアアースも輸出停止 ニューヨークtimes »