« 京都マラソン、嵐山・金閣寺など世界遺産コース案 | トップページ | 特急サザン、25周年記念 ヘッドマーク掲出 南海電鉄 »

里見香奈女流名人、最年少で3冠 第32期女流王将戦

将棋の第32期女流王将戦三番勝負の第2、3局が28日、東京・将棋会館で行われ、挑戦者の里見香奈女流名人・倉敷藤花18が清水市代女流王将41に連勝し、2勝1敗で奪取。里見は初の女流王将獲得で3冠となった。

1女流3タイトルの同時制覇は清水市代26、中井広恵六段33に次いで史上3人目。18歳は最年少記録だ。
「まさか勝てるとは思っていなかったので、不思議な気持ちです。うれしいのですが、(カド番の)倉敷藤花戦が来週(11/2、3)に迫っているので、あまり余裕はありません」と語った。

里見香奈は島根県の出雲市出身。08年に倉敷藤花を獲得。今年2月、清水市代から女流名人を奪っていた。

「女流王将のタイトル獲得、誠におめでとうございます。倉敷藤花、女流名人、女流王将の3冠達成の偉業は県民にとって非常に大きな喜びです。日本を代表する女流棋士として今後、さらに大きく飛躍されますことをお祈りしております」溝口善兵衛島根県知事。

倉敷藤花 くらしきとうか
倉敷市出身の大山康晴十五世名人の功績をたたえ、平成5年に創設された女流プロ棋士全員参加の日本将棋連盟女流公式タイトル戦。藤花戦という名称は、倉敷市の市の花が藤の花であることにちなんで名付けられた。


                



                                        


|

« 京都マラソン、嵐山・金閣寺など世界遺産コース案 | トップページ | 特急サザン、25周年記念 ヘッドマーク掲出 南海電鉄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49876096

この記事へのトラックバック一覧です: 里見香奈女流名人、最年少で3冠 第32期女流王将戦 :

« 京都マラソン、嵐山・金閣寺など世界遺産コース案 | トップページ | 特急サザン、25周年記念 ヘッドマーク掲出 南海電鉄 »