« 菅内閣、TPP勉強会 関税撤廃の農業への影響を議論 | トップページ | 裁判員裁判初の死刑求刑  林貢二、江尻美保さんら殺害 »

東大寺大仏の足元に金銀荘大刀 1250年ぶり宝剣出土

東大寺大仏の足元から明治時代に出土した国宝の大刀が、聖武天皇没後にゆかりの品を光明皇后が同寺に献納した後、約1250年間にわたり行方不明だった幻の宝剣2本と分かり、元興寺文化財研究所が25日、発表した。

Photo_2いったん献納した後、皇后の意向で献納宝物から外し、埋納した可能性が高い。
2本は、東大寺への献納品目録として正倉院に伝わる国家珍宝帳の武器リスト筆頭に記した貴重な宝剣で、正倉院研究の上でも画期的史料といえる。

東大寺などによると、六百数十点の献納物を記載した国家珍宝帳には今回の宝剣を含め、リストから外したことを示す除物の付せんが7件あるが、所在が判明したのは初めて。

宝剣は金や銀、漆などで装飾された金銀荘大刀(陽寶劔ようほうけん(左)と陰寶劔いんほうけん)。
明治末期、作業用の柱を立てるために大仏の台座そばに掘った穴から出土し、同時に見つかった別の大刀、銀製のつぼ、水晶合子などとともに東大寺金堂鎮壇具として1930年に国宝指定された。


                



                                        

|

« 菅内閣、TPP勉強会 関税撤廃の農業への影響を議論 | トップページ | 裁判員裁判初の死刑求刑  林貢二、江尻美保さんら殺害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49843660

この記事へのトラックバック一覧です: 東大寺大仏の足元に金銀荘大刀 1250年ぶり宝剣出土 :

« 菅内閣、TPP勉強会 関税撤廃の農業への影響を議論 | トップページ | 裁判員裁判初の死刑求刑  林貢二、江尻美保さんら殺害 »