« SLとかち号、快走 帯広駅発のSL運行は35年ぶり | トップページ | 京田辺市で今年最高39.9度、9月の記録 10年ぶり更新 »

タリバン、常岡浩介さんの拉致認める 地元司令官

アフガニスタン北部クンドゥズ州の反政府武装勢力タリバン地元司令官は5日、首都カブールの日本大使館で保護されたフリージャーナリスト常岡浩介さん41をタリバンが拉致したと認めた。アフガン・イスラム通信が伝えた。

Photo_4

事件は、発生から約5カ月ぶりに解決した。
タリバン指導部の報道官は、関与を一貫して否定していた。

地元司令官は拉致の理由について、「アフガン当局が拘束しているタリバンメンバー数人を釈放させるため」だったと説明。

アフガン当局に釈放の用意がないと理解したタリバンは、
①常岡さんがイスラム教徒である
断食月が終わりイスラム教徒にとって宗教上極めて重要な祝祭が近づいている……ことから、常岡さんの解放を決めたと述べた。

イスラム教徒である常岡さんには最大の敬意を払って接したとし、常岡さんも同じように話すだろうと指摘した。(共同)

|

« SLとかち号、快走 帯広駅発のSL運行は35年ぶり | トップページ | 京田辺市で今年最高39.9度、9月の記録 10年ぶり更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49361699

この記事へのトラックバック一覧です: タリバン、常岡浩介さんの拉致認める 地元司令官:

« SLとかち号、快走 帯広駅発のSL運行は35年ぶり | トップページ | 京田辺市で今年最高39.9度、9月の記録 10年ぶり更新 »