« 西武鉄道の電気機関車E31形、大井川鉄道に到着 | トップページ | 菅直人首相、圧勝で再選 小沢一郎氏に230ポイント差 »

台湾抗議船、尖閣諸島接近後 台湾方向へ 領有権主張

沖縄尖閣諸島周辺で第11管区海上保安本部の巡視船と中国漁船が衝突した問題で、船長逮捕に抗議するため、台湾の団体中華保釣尖閣防衛協会のメンバー2人が乗った漁船が14日早朝、同諸島周辺海域に到着した。

Photo_2中華保釣協会は、尖閣諸島の領有権が台湾にあると主張している。11管によると、漁船は14日未明に一時、尖閣諸島の魚釣島の西北西約41㌔の日本の排他的経済水域/EEZ内で停船。

11管の巡視船と台湾の巡視船が取り囲む中、漁船は停泊と航行を繰り返していたが、同午前10時現在、台湾方向に向かって航行しているという。
11管の巡視船が引き続き、監視警戒している。(沖縄タイムス)参照

|

« 西武鉄道の電気機関車E31形、大井川鉄道に到着 | トップページ | 菅直人首相、圧勝で再選 小沢一郎氏に230ポイント差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49444166

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾抗議船、尖閣諸島接近後 台湾方向へ 領有権主張:

» 「前原誠司論・異説」2・26を惹起させる新外相の風貌 [岩下俊三のブログ]
新外相・前原誠司から「危険なかおり」を抜くことは無理である。彼の表情と根底にある薄笑いは何度も肉薄するたびに不気味さすら感じた。これが記事外の個人的体験である。もちろん答えは丁寧だし礼儀もただしく、男前の上、湯気が上がっているような若さで溌剌としている。....... [続きを読む]

受信: 2010/09/20 13:04

» 日中対立の再燃 = 米国が「日本のネオコン」と呼ばれていた前原新外相をそそのかして好戦策? (田中 宇) [晴耕雨読]
日中対立の再燃 = 米国が「日本のネオコン」と呼ばれていた前原新外相をそそのかして好戦策? (田中 宇)投稿者 Orion星人 日時 2010 年 9 月 18 日 から転載します。 http://tanakanews.com/100917senkaku.htm 2010年9月17日     9月7日、沖縄県の尖閣諸島・久場島の沖合15キロの海上で、中国のトロール漁船が、違法操業を捜査しようと追いかけてきた日本の海上保安庁の巡視船を振り切ろうとして衝突し、船長らが公務執行妨害で海保に逮捕される... [続きを読む]

受信: 2010/09/20 16:44

« 西武鉄道の電気機関車E31形、大井川鉄道に到着 | トップページ | 菅直人首相、圧勝で再選 小沢一郎氏に230ポイント差 »