« 菅改造内閣、発足 景気対策と地方分権が当面の課題 | トップページ | JR東日本、ハイブリッド列車公開 上野駅に大勢のファン »

纒向遺跡に大量のモモの種 不老長寿や厄除け

邪馬台国の候補地とされる纒向まきむく遺跡(奈良県桜井市)で、3世紀中ごろに掘られた穴土坑どこうからモモの種約2000個が見つかった。
桃は古代祭祀で供物に使われ、1カ所で出土した種の数では国内最多。

Photo卑弥呼(248年頃没)の晩年から死後の時期に、桃を大量に使った国家祭祀が行われたことを示す成果と言える。
17日発表の市教委によると、発掘調査は09年11月に確認された大型建物跡(3世紀前半)の南側465㎡で実施。

建物を囲む柵列がさらに28㍍東に長いことが確認され、土坑も見つかった。土坑は南北4.3㍍、東西2.2㍍、深さ80cmの楕円形。

モモの種がまとまって見つかり一度に埋めたとみられる。一緒に祭祀用具とみられる土器や竹で編んだ籠なども発見。果肉が残った種もあり、桃を竹籠に盛って祭祀に使った後、土坑に埋めたとみている。

桃は中国の道教で不老長寿や秩序を象徴する神、西王母せいおうぼの食べ物。弥生時代に伝わり、食用以外に不老長寿や厄よけのため祭祀に使われた。

魏志倭人伝には、卑弥呼は戦乱の倭国を治めるため、「鬼道を行い、人々をひきつけた」。辰巳和弘同志社大教授(古代学)は、「鬼道は道教を反映したもので、モモを大量に使った祭祀で西王母をまつった可能性がある」。

          のぞきの系譜@記紀神話 三輪

    纒向遺跡から動植物の骨 卑弥呼が供えた山海の幸か

|

« 菅改造内閣、発足 景気対策と地方分権が当面の課題 | トップページ | JR東日本、ハイブリッド列車公開 上野駅に大勢のファン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49483224

この記事へのトラックバック一覧です: 纒向遺跡に大量のモモの種 不老長寿や厄除け:

« 菅改造内閣、発足 景気対策と地方分権が当面の課題 | トップページ | JR東日本、ハイブリッド列車公開 上野駅に大勢のファン »