« 京葉線20周年記念硬券入場券、東京~蘇我 9/12発売 | トップページ | 蓮実重彦氏、早稲田文学新人賞(120周年)の選考委員に »

夫婦岩、大注連縄の張替 伊勢・二見興玉神社 三重

三重県伊勢市二見町の二見興玉ふたみおきたま神社で5日、夫婦岩めおといわを結ぶ大注連縄しめなわの張り替えが行われた。地元のほか、大勢の観光客も訪れ、岩に向けて縄を送る手送りの作業を手伝った。

Photo_2大注連縄の太さは約10cm、長さ約35㍍、重さ約40㌔。波や潮風に曝され、傷みも早いため毎年5、9、12月に張り替える。
午前10時過ぎ、神社神殿でお祓いを受けた後、白装束に白足袋姿の神職と氏子約20人が高さ約9㍍の男岩と、約4㍍の女岩に登り、作業を始めた。
木遣きやりの掛け声や太鼓の音に合わせ、双方の岩に5本の縄を巻き付けた。

夫婦岩は、その姿から夫婦円満、縁結びの御利益があると言われている。

|

« 京葉線20周年記念硬券入場券、東京~蘇我 9/12発売 | トップページ | 蓮実重彦氏、早稲田文学新人賞(120周年)の選考委員に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49367929

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦岩、大注連縄の張替 伊勢・二見興玉神社 三重:

« 京葉線20周年記念硬券入場券、東京~蘇我 9/12発売 | トップページ | 蓮実重彦氏、早稲田文学新人賞(120周年)の選考委員に »