« 中国人船長を処分保留で釈放へ 那覇地検、日中関係を考慮 | トップページ | 上戸彩とV6森田剛、破局 8年間の交際に終止符 »

サマセット・モーム&グレアム・グリーンら、M16のスパイ

映画007シリーズの主役ジェームズ・ボンドの所属先として知られる英国の情報機関対外情報部/MI6の正史をまとめた本が、出版された。月と六ペンスなどを残した英国の有名作家サマセット・モームらがスパイだったことも明らかに。

Photo_3正史をまとめたのは、クイーンズ大(ベルファスト)のキース・ジェフリー教授(歴史学)。
MI6の理解を深めてもらう」ことを目的に、スカーレット前長官が1909年の創設から40年間分の極秘文書の閲覧を特別に許可。ジェフリー教授が810㌻にまとめた。

英メディアによると、映画第三の男の原作者グレアム・グリーンや児童作家アーサー・ランサムらも、MI6に所属。007の原作者イアン・フレミングの友人でパリにいた人物が、ジェームズ・ボンドのモデルだったという。

またMI6は、ナチス幹部暗殺計画や、第2次大戦後に多くのユダヤ人難民がパレスチナに向かうのを防ぐため、イタリアの港で船を爆破するなどの活動をしていたという。
ジェフリー教授は、「本物のジェームズ・ボンドたちは、小説のボンドより、いっそう興味深いスパイだった」と話している。(asahi.com他)参照

|

« 中国人船長を処分保留で釈放へ 那覇地検、日中関係を考慮 | トップページ | 上戸彩とV6森田剛、破局 8年間の交際に終止符 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49549574

この記事へのトラックバック一覧です: サマセット・モーム&グレアム・グリーンら、M16のスパイ:

« 中国人船長を処分保留で釈放へ 那覇地検、日中関係を考慮 | トップページ | 上戸彩とV6森田剛、破局 8年間の交際に終止符 »