« 金正日総書記、胡錦濤主席に金ジョンウン後継を説明 | トップページ | オバマ大統領、イラク駐留米軍の戦闘任務終了を宣言 »

九州新幹線さくら、N700系が初試走 熊本~筑後船小屋

来年3月に全線開業する九州新幹線さくらに用いられるN700系車両が31日、新規開通区間のうち熊本~筑後船小屋(福岡県)間を試験運転した。各駅で自治体による歓迎式典が行われ、鉄道ファンらが水色の車体に歓声をあげた。

Photo試走はJR九州と鉄道・運輸機構が実施。車両とホームの間隔を計測したり、信号機が正確に作動するかなどを確認する。
熊本駅では、県や熊本市などでつくる新幹線くまもと創りプロジェクト熊本地域推進本部の主催で歓迎式が開かれた。

5倍の競争率となった公募で選ばれた市民や関係者約200人が、午前10時前からさくらが停車する対面のホームに集まり、到着を待った。

Photo_2幸山政史市長が、「歴史的瞬間を迎えることを、皆様とお祝いしたい。全線開業に向けソフト、ハード両面の準備を進めていく」と挨拶。
蒲島郁夫知事は、「新幹線が熊本全体へ波及効果を及ぼすよう期待する」。

午前10時半ごろ、さくらがホームに滑り込むると、市民らは転落防止用の柵の前に駆け寄り、カメラを構えてシャッターをきった。点検作業を終えたさくらは、同市立必由館高校の生徒による和太鼓演奏に送られるように熊本駅を出発した。

今回の試験運転は、新規開通区間の博多~新八代(熊本県)間約130㌔で、時速30㌔程度から実施。
このうち31日と9月1日は熊本~筑後船小屋(約60㌔)の上下線で、9月2日は筑後船小屋~新鳥栖(佐賀県)で行う。博多~新鳥栖は10月上旬の予定。

以後も試験運転を11月20日まで重ね、最終的には営業運転の最高速となる時速260㌔を出して、博多~鹿児島中央全線で行う。

|

« 金正日総書記、胡錦濤主席に金ジョンウン後継を説明 | トップページ | オバマ大統領、イラク駐留米軍の戦闘任務終了を宣言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49313585

この記事へのトラックバック一覧です: 九州新幹線さくら、N700系が初試走 熊本~筑後船小屋:

« 金正日総書記、胡錦濤主席に金ジョンウン後継を説明 | トップページ | オバマ大統領、イラク駐留米軍の戦闘任務終了を宣言 »