« 中国のレアアース輸出停止に懸念 キャンベル次官補 | トップページ | 大関・日馬富士、婚約発表 モンゴル人のバトトール嬢 »

武富士、会社更生法申請 過払金返還と総量規制が重し

消費者金融の武富士は28日午後、東京地裁に会社更生法の適用を申請した。負債額は6月末時点で約4336億円。借り手が利息制限法の上限金利より多く支払った過払い利息の返還負担が重くのし掛かり、資金繰りが悪化。

Photo_3「このまま自力で事業継続した場合、資金繰りが破綻するのは必至」と判断。10月29日付で東京証券取引所への上場は廃止される。
帝国データバンクによると、10年の大型倒産としては、日本航空グループ2社、日本振興銀行に次ぐ第4位の負債額。
清川昭社長と創業家の武井健晃副社長が引責辞任し、吉田純一取締役が社長に昇格した。

債権者説明会は10月5日に大阪、6日に東京で開催。

今後は、スポンサーによる資金支援での再建を目指すとしている。
会社更生手続きでは経営体制を一新するのが通常だが、今回は現経営陣の一部が継続して再建に携わることができるDIP型が採用される。

今後は更生手続きに基づき、借り手から過払い利息の申し出などを受けて、返済対象になる債務を確定。
再建の過程で過払い利息は一部カットされる見込み。

|

« 中国のレアアース輸出停止に懸念 キャンベル次官補 | トップページ | 大関・日馬富士、婚約発表 モンゴル人のバトトール嬢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49589097

この記事へのトラックバック一覧です: 武富士、会社更生法申請 過払金返還と総量規制が重し:

« 中国のレアアース輸出停止に懸念 キャンベル次官補 | トップページ | 大関・日馬富士、婚約発表 モンゴル人のバトトール嬢 »