« 高橋大輔、新プログラムはラテン系 札幌で披露 | トップページ | 木星に小天体が衝突か 立川正之さん撮影 熊本 »

名古屋市長選、河村たかし市長vs石田芳弘衆院議員か

河村たかし名古屋市長61との対立が続く市議会の最大会派・民主党市議団の選挙対策委員会は21日、次の市長選に石田芳弘衆院議員64を擁立する方針を固めた。市議団の会議に諮った上で、石田氏に正式に出馬を要請するとともに、マニフェスト作りなどの具体的な準備を進める。

Photo_2石田氏は来年2月に任期満了の愛知県知事選に民主党候補として出馬の意向を示している。
市議団の選対委は、「石田氏は地方自治にも詳しく、政治経験も豊富な適任者」との認識で一致。

知事選候補の選定を進める同党愛知県連との調整に臨むことで合意した。
石田氏は本紙の取材に、「今は知事選の候補になることに全力を挙げている」。

石田氏は同党県連の幹部に知事選への出馬の意向を伝えた書面で、「河村市長の議会改革は枝葉の議論。議会が行政を主導する議会内閣制こそ、行政改革の王道だ」と記載し、地方議会改革に意欲を見せている。

Photo_3石田氏は07年の知事選に民主党推薦で出馬し、現職の神田真秋知事に敗れた。
昨年の衆院選では同党公認で初当選した。

民主党は昨年4月の市長選で、河村市長を推薦し、初当選を支えたが、就任後は市民税10%減税などの政策をめぐり市長と民主市議団が対立。

河村市長が市議会の解散請求/リコールを主導する動きを具体化させたことを受け、同党県連は党本部に推薦の取り消しを求めている。

任期は13年4月までだが、市長はリコールが成立した場合、自らも辞職して、市長選と市議選を来年2月に同時に実施する考えを示している。不成立の場合でも、来年4月に任期満了の市議選に合わせ、辞職する考えを示唆している。

|

« 高橋大輔、新プログラムはラテン系 札幌で披露 | トップページ | 木星に小天体が衝突か 立川正之さん撮影 熊本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49217912

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市長選、河村たかし市長vs石田芳弘衆院議員か:

« 高橋大輔、新プログラムはラテン系 札幌で披露 | トップページ | 木星に小天体が衝突か 立川正之さん撮影 熊本 »