« 大阪市、120歳以上が戸籍に5125人 安政生れの152歳も | トップページ | 今敏氏、死去 千年女優 パプリカ »

野田聖子議員、妊娠公表 第三者の卵子使い体外受精

自民党の野田聖子元郵政相(49衆院比例東海ブロック)が、第三者の卵子で体外受精して妊娠したことを記した手記が、26日発売の週刊新潮に掲載されることが分かった。
手記によると、野田氏は現在妊娠15週で、出産予定は来年2月中旬。

Photo_7野田聖子氏は今年5月、米国で第三者による卵子提供を受け、事実上婚姻関係にある七歳年下の飲食店経営男性の精子との受精卵を子宮に移植し、妊娠したという。

野田氏は01年に同党の鶴保庸介参院議員との事実婚を公表。不妊症に悩み、体外受精により妊娠したものの流産したことを、04年に自著私は、産みたいで告白していた。

野田氏は9月には50歳の誕生日を迎えることから、手記では、「妊娠できた喜びより、不安の方が若干勝っている。おばさん妊婦を出産まで温かく見守っていただければ幸いです」と述べている。

|

« 大阪市、120歳以上が戸籍に5125人 安政生れの152歳も | トップページ | 今敏氏、死去 千年女優 パプリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49252123

この記事へのトラックバック一覧です: 野田聖子議員、妊娠公表 第三者の卵子使い体外受精:

» 野田聖子元郵政相が体外受精で妊娠? [いい加減社長の日記]
頑張りますなぁ~~、同年代^^; 不妊治療を受けていることを公表し、治療の体験をつづった著書も出版している自民党の野田聖子元郵政大臣が、第三者から提供を受けた卵子を使って体外受精し、妊娠したことがわかりました。 アメリカの医療機関で、第三者から提供を受けた卵... [続きを読む]

受信: 2010/08/26 07:04

« 大阪市、120歳以上が戸籍に5125人 安政生れの152歳も | トップページ | 今敏氏、死去 千年女優 パプリカ »