« 佐藤方哉さん 春夫の長男、電車に挟まれ死亡 新宿駅 | トップページ | 金妍児、ブライアン・オーサーと決別 5月から微妙 »

大塩平八郎の肖像画原本? 東北大図書館に所蔵

江戸後期、飢餓にあえぐ農民の救済を訴え、大阪で乱を起こした大塩平八郎1793~1837を描いた肖像画の原本とみられる掛け軸が、東北大付属図書館(仙台市)に所蔵されていることがわかった。

Photo_2幕末維新期に活躍した狩野派の絵師菊池容斎1788~1878の肉筆画で、その模写画は現在、教科書などで広く使われている。原本の存在は専門家の間で知られていたが、その所在は長らく不明だった。

東北大付属図書館が所蔵していたのは、文人画家の富岡鉄斎1836~1924が収集したとみられる富岡鉄斎旧蔵書画軸の中にある大塩中斎ちゅうさい肖像

外部から指摘を受けて調べたところ、東北大大学院の東洋・日本美術史研究室が1953(昭和28)年、京都の古書店から購入したとの記録が残っていた。

Photo_3肖像画は縦約58cm、横約36cmで絹地に描かれ、右上に菊池容斎の署名と落款印がある。
掛け軸の裏には鉄斎の肉筆とみられる字で、菊池容斎筆 大塩中斎肖像と記されており、鉄斎美術館(兵庫県宝塚市)の担当者は、「字は鉄斎のものに間違いない。鉄斎は歴史上の人物に興味を持ち、和漢の人物画を多く入手していた」と分析。

「初代美術館長は鉄斎の遺品を京都の古書店にも出した。その時のものが東北大へ渡ったのではないか」とみる。

大塩平八郎の肖像画として教科書や資料などに掲載されている模写画は、大阪城天守閣大阪歴史博物館がそれぞれ所蔵している。
いずれも筆者名などがなく、誰がいつごろ写したのかはわかっていない。

「容斎の署名などから、今回確認されたものは原本とみて間違いないだろう。しかも鉄斎の直筆入りで、美術品としての価値も高い」相蘇あいそ一弘・元同博物館副館長。(asahi.com他)参照

大塩平八郎 (1793~1837) 江戸後期の陽明学者。
阿波の人。大坂の生まれとも。名は後素。号は中斎。大坂町奉行所与力を辞職し、私塾洗心洞せんしんどうで子弟の教育にあたった。

天保7年(1836)の飢饉に際して奉行所に救済を請うたが容れられず、蔵書を売って窮民を救った。翌8年、幕政を批判して大坂で兵を挙げたが、敗れて自殺。著洗心洞箚記せんしんどうさっき


                                  


|

« 佐藤方哉さん 春夫の長男、電車に挟まれ死亡 新宿駅 | トップページ | 金妍児、ブライアン・オーサーと決別 5月から微妙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49237933

この記事へのトラックバック一覧です: 大塩平八郎の肖像画原本? 東北大図書館に所蔵:

« 佐藤方哉さん 春夫の長男、電車に挟まれ死亡 新宿駅 | トップページ | 金妍児、ブライアン・オーサーと決別 5月から微妙 »