« 九州新幹線鹿児島ルート、みずほ投入 3時間47分 | トップページ | 茨城~上海線が片道4千円 LCC/春秋航空 »

ホメオパシー療法、効果ない 日本学術会議が談話

昨年10月、山口県で助産師にビタミンK2の代わりにホメオパシー療法の特殊な錠剤を投与された乳児がビタミンK欠乏性出血症で死亡したことを受け、金沢一郎日本学術会議会長は24日、「ホメオパシーの治療効果は科学的に明確に否定されている」との談話を発表した。

Photo_2ホメオパシー療法は18世紀末ドイツで始まった。

病気と似た症状を起こす植物や鉱物を何度も水で薄めて攪拌し、この水を砂糖玉にしみこませた錠剤/レメディーを服用して自然治癒力を引き出し、病気を治すというもの。元の物質は水にほとんど残っていないが、実践する人たちは、「水が記憶している」と主張している。

Photo_3欧米やインドで盛んだが最近は効果を巡り議論が起きている。日本でもごく一部の医療関係者が、癌や鬱病などの患者にレメディーを投与している。

日本学術会議は政府に科学振興策などを勧告できる、日本の科学者の代表機関。記者会見した金沢一郎氏は、欧米のように普及する前に、医療分野で広がらない手だてが必要と主張した。

山口県の乳児死亡では、母親が助産師を相手に損害賠償を求める裁判を起こしている。
日本ホメオパシー医学協会(東京都)は、「欧米の実績で分かるようにホメオパシー療法は効果が科学的に証明されている」と反論している。

|

« 九州新幹線鹿児島ルート、みずほ投入 3時間47分 | トップページ | 茨城~上海線が片道4千円 LCC/春秋航空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49247552

この記事へのトラックバック一覧です: ホメオパシー療法、効果ない 日本学術会議が談話:

« 九州新幹線鹿児島ルート、みずほ投入 3時間47分 | トップページ | 茨城~上海線が片道4千円 LCC/春秋航空 »