« 熱中症で病院搬送、4万人超える 直後の死者145人 | トップページ | ホメオパシー療法、効果ない 日本学術会議が談話 »

九州新幹線鹿児島ルート、みずほ投入 3時間47分

九州新幹線鹿児島ルートの全線開業日は来春3月12日になる見通し。新大阪―鹿児島中央間の直通運転には、さくら(約4時間)に加え、航空機との競争を意識し、停車駅を絞って最速3時間47分で結ぶ列車を新たに設定する。

Photo名称についてJR側は、かつて東京と九州方面を結び、ブルートレインとして活躍したみずほで調整している。
JR関係者によると、開業は、JR各社の春のダイヤ改正に合わせて行われる予定。

国土交通省の調査では、07年度に関西から鹿児島に行った人の85%が航空機を利用しており、JR側は、圧倒的な占有率を持つ航空機への対抗策として、4時間を切る看板列車が不可欠と判断した。

さくらみずほの違いは、東海道・山陽新幹線のひかりのぞみの関係と同じ。

|

« 熱中症で病院搬送、4万人超える 直後の死者145人 | トップページ | ホメオパシー療法、効果ない 日本学術会議が談話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/49246488

この記事へのトラックバック一覧です: 九州新幹線鹿児島ルート、みずほ投入 3時間47分:

« 熱中症で病院搬送、4万人超える 直後の死者145人 | トップページ | ホメオパシー療法、効果ない 日本学術会議が談話 »