« 谷亮子氏、柔道界から引退勧告 吉村和郎強化委員長 | トップページ | 江上剛氏、日本振興銀行 新社長に »

ロシア、対日戦勝記念日制定 北方領土占拠を正当化

ロシア上院は14日、第2次大戦で日本が降伏文書に署名した9月2日を大戦終結の記念日に制定する法案を承認した。下院は先に同法案を可決しており、メドベージェフ大統領が署名して成立する。

Photo_3法案は事実上、対日戦勝記念日を設けるもので、旧ソ連の対日参戦北方領土占拠を正当化する狙いとみられる。提案者の一人である与党・統一ロシアのサブリン下院議員は法案の趣旨について、
「旧ソ連軍は日本の関東軍を撃破して中国東北部、北朝鮮、サハリン(樺太)南部、千島列島を解放し、戦争を終結に近づけた」と説明、ソ連が第2次大戦終結に果たした役割を強調している。

ロシアでは5月9日の対独戦勝記念日が国民最大の祝日となっている。

「近隣国に対して『第二次大戦の結果を改定するような考えに賛同しない』というメッセージを送るため」。国内向けには、「極東の勝利がどのように苦難に満ちていたのかを国民に知らせたい」ミハイル・ネナシェフ下院議員。

            050グリーンFAX

|

« 谷亮子氏、柔道界から引退勧告 吉村和郎強化委員長 | トップページ | 江上剛氏、日本振興銀行 新社長に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48876791

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア、対日戦勝記念日制定 北方領土占拠を正当化:

« 谷亮子氏、柔道界から引退勧告 吉村和郎強化委員長 | トップページ | 江上剛氏、日本振興銀行 新社長に »