« 荒川静香、わたしの人生の伴侶は鶏の唐揚げ | トップページ | 温羅伝説の鬼城山登山コース図を作製 守屋益男氏 »

楽天、社内公用語を英語に 世界企業宣言 三木谷浩史氏

ネット通販大手の楽天は30日の国際戦略説明会で、12年度末までに英語を「グループの公用語」とする方針を表明。全正社員約6千人が英語で意思疎通できるようにする。楽天は海外展開を加速しており、三木谷浩史会長兼社長は、「日本企業をやめ、世界企業になる」と宣言した。

Photo_2楽天は今年、幹部会議での発表や会議資料を英語にするなど、社内の英語化を進めている。
これまでも英会話学校と提携して社員の習得を支援しており、今後は英語力を人事評価の項目にするという。

楽天は最近も、米バイ・ドット・コム仏プライスミニスターなど海外のネット通販大手を買収している。三木谷浩史氏は、海外展開する国・地域を、現在の6から27に広げる考えも示した。

Photo_3グループ内の事業を組みあわせ、「世界一のネットサービス企業を目指す」という。

現在は1%にとどまる海外の取扱高を、将来的には7割まで引き上げ、グループ全体の取扱高も、現在の1.8兆円から20兆円に増やす目標を明らかにした。

|

« 荒川静香、わたしの人生の伴侶は鶏の唐揚げ | トップページ | 温羅伝説の鬼城山登山コース図を作製 守屋益男氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48767301

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天、社内公用語を英語に 世界企業宣言 三木谷浩史氏:

« 荒川静香、わたしの人生の伴侶は鶏の唐揚げ | トップページ | 温羅伝説の鬼城山登山コース図を作製 守屋益男氏 »