« 八木沼純子、西東京市長を訪問 フィギュアの魅力を… | トップページ | 駒野友一、PKあれば迷わずまた蹴る 仲間の尊さよ!! »

藤原宮から最古の大嘗宮跡 皇位継承儀式で造営

奈良県橿原市の藤原宮694~710跡で、大嘗宮だいじょうきゅうの一部とみられる建物跡が見つかり、奈良文化財研究所が1日、発表した。大嘗宮は、天皇が即位後、新しくとれた穀物を神に供える儀式大嘗祭を営む仮設の宮殿。

Photo奈良市の平城宮710~84跡では複数が確認されているが、藤原宮跡では初めてで、最古の出土例になる。
奈文研は、「藤原宮の大嘗宮が後の時代の原型になった可能性もある」としている。

奈文研によると、今回調査したのは、役人らが働いた朝堂院の広場部分で、天皇が執務した大極殿院の南側。
建物跡は掘っ立て柱式の1棟で、東西12㍍、南北3㍍。平安時代の儀式書儀式などに照らすと、大嘗宮の北東部に位置する膳屋かしわやとみられる。

Photo_2膳屋は天皇が儀式で使う穀物の調理場。南側に正殿せいでんなどがあったとみられ、今後調査する。
建物跡を囲むような形で塀跡とみられる柱穴(直径50~60cm)約40個と、建物跡の西と北西で門の遺構とみられる大型柱穴(1辺90~195cm)4個も出土した。

奈文研は今回見つかった遺構の位置や配置が、平城宮跡で確認された6人の天皇に関する大嘗宮跡とほぼ一致したとしている。藤原宮では文武天皇と元明が即位したとされるが、今回の遺構がどちらに関連するものかは不明という。

大嘗祭は7世紀後半の天武の頃に始まったとされるが、その遺構は飛鳥京では見つかっていない。大嘗宮は儀式終了後に解体されたとされる。

■現地説明会は3日午後1時半~奈文研都城発掘調査部 0744・24・1122


   外出先からネットで確認出来る「050グリーンFAX」


|

« 八木沼純子、西東京市長を訪問 フィギュアの魅力を… | トップページ | 駒野友一、PKあれば迷わずまた蹴る 仲間の尊さよ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48773685

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原宮から最古の大嘗宮跡 皇位継承儀式で造営 :

« 八木沼純子、西東京市長を訪問 フィギュアの魅力を… | トップページ | 駒野友一、PKあれば迷わずまた蹴る 仲間の尊さよ!! »