« 阿武松、時津風部屋など一斉捜索 暴力団排除へ | トップページ | 吉永小百合、坂本龍一に共演依頼「ボク、何でもします!」 »

岡田武史監督表彰、大阪で府と市の対立再び 南アW杯

橋下徹大阪府知事は7日、サッカーW杯日本代表の岡田武史監督に府民栄誉賞に当たる感動大阪大賞を贈呈することを明らかにした。大阪市はすでに表彰を決めており、岡田氏はダブル受賞となった。

Photo_3府と市は大阪都構想をめぐり対立中。構想段階では先というのが府のスタンスで、橋下氏は、「監督からすればどっちか1つにしてよ、だろう」と二重行政を指摘し不快感をあらわにした。

橋下氏はこの日、高校卒業まで大阪市で過ごした岡田氏のほか、大阪出身の本田圭佑稲本潤一小倉勉コーチ、G大阪所属の遠藤保仁も表彰する方針と発表。「スーパースターですから」。

平松邦夫市長は今月1日の記者会見で岡田氏の特別表彰を検討していると明かし、前日6日に正式決定。府の発表はこれに続くものとなった。

Photo_4 しかし、橋下氏は、「監督からすれば府と市でどっちか1つにしてよ、府民代表(としての表彰)なんだったら市民も入っているだろう、というのがあると思う」と指摘。府と市を解体、再編する大阪都構想を提唱して平松氏と対立を深めており、表彰をめぐっても府と市の二重行政があると、市へ対抗心を燃やした。

橋下氏の指摘について市側は、「お答えしかねます」と回答するにとどまった。

Photo_5 後出しジャンケンのようにも見える橋下氏の対応だが、府生涯スポーツ振興課によると、橋下氏は「日本-デンマーク戦」終了後の先月25日、本田と遠藤に知事表彰の贈呈を検討していると記者団に明かしていた。

岡田氏については言及しなかったが、担当者は、「記者の質問が得点を決めた本田選手と遠藤選手に限られていた。だが、この段階で岡田氏も含まれていた」と説明した。

Photo_6 一方、市は府県の枠を超えて広域行政に取り組む「関西広域連合」に参加する方針を固めた。これについて橋下氏は「大賛成」としながらも、「関西州になった時に大阪市役所がそのままだと思っている。重大な勘違い」と平松氏に苦言を呈した。

多くの人が注目する岡田氏の表彰に二重行政議論を持ち込んだ橋下氏。岡田氏は8日の午前10時に市役所、午後3時に府庁を訪問し、平松、橋本両氏から直接、表彰状が手渡されるが、両トップの場外戦がどこまで広がるか。

           ACミランの本田圭佑獲得オファー、CSKAが断る 

                              050グリーンFAX

|

« 阿武松、時津風部屋など一斉捜索 暴力団排除へ | トップページ | 吉永小百合、坂本龍一に共演依頼「ボク、何でもします!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48825666

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田武史監督表彰、大阪で府と市の対立再び 南アW杯:

« 阿武松、時津風部屋など一斉捜索 暴力団排除へ | トップページ | 吉永小百合、坂本龍一に共演依頼「ボク、何でもします!」 »