« 佃公彦氏、死去 新聞連載漫画「ほのぼの君」 | トップページ | 金妍児、GPシリーズ欠場へ 世界選手権に専念 »

大手4生保、自民・民主に接待攻勢 不払い処分めぐり 質疑時間短縮

保険金不払い問題をめぐり07年5月に衆院財務金融委員会で行われた参考人招致で、生命保険業界への質疑時間が当初予定の2時間半から1時間に短縮されたことが分かった。

Photo生保の内部資料などによると、生保側が自民党議員に短縮実現支援へのお礼を述べており、短縮を働きかけた疑いがある。
財金委関係者らの話を総合すると、財金委の与野党の理事は07年4月27日、生保業界と損害保険業界の参考人招致について協議。5月11日に質疑を行い、生保側は2時間半、損保側は1時間の質疑時間にすることで合意した。

Photo_2だが、5月8日の理事会で、与党筆頭理事の山本明彦前衆院議員(自民、09年落選)が生保の質疑を1時間にするよう提案。野党側は、「約束に反する」と反発した。

協議はその後も行われ、山本氏が、質疑時間短縮の代替案として、保険契約者からの電話を受け付ける生保のコールセンターを視察する案を提示した。最終的に5月16日の理事懇談会で決着。

参考人招致は5月18日に行われ、生保協会会長の第一生命社長と、損保協会会長の東京海上日動火災保険社長の質疑時間は各1時間だった。

生保の内部資料や関係者の話によると、質疑前日、第一生命の調査部長らが、自民党金融調査会長だった金子一義衆院議員と議員会館で面会。

第一生命側は、「議員にご支援頂き、明日の参考人質疑は生損ともに1時間ずつとなった。ただ、当初より生保の質疑時間が減る代替案として午前に明治安田生命の視察が入った」と説明。

Photo_3金子氏は、「明治安田さんは大変かもしれないが、委員会ではないからよかったのではないか」と応じ、第一生命側は、「先生のおかげであり、ご配慮に感謝する」。
さらに、金子氏は、「山本筆頭(理事)にはずいぶん頑張ってもらった。くれぐれもよろしく頼む」と発言したとされる。

日本生命、第一生命、明治安田生命、住友生命の調査部長ら8人は、同年3月22日、山本氏と秘書の2人と会合を開き、計10人で22万円を支出。

また、4社幹部ら6人は同年10月11日、金子氏と秘書の2人と会合を行い、8人で約19万8千円を支出。第一生命は07年、金子氏側のパーティー券を2回計40万円分購入した。
金子氏は事務所を通じ、参考人招致での生保側の依頼を否定し、「政治の場では様々な会合があるが、何かにかたよったものではない」。

山本氏は、「(生保側の依頼は)記憶にない。国会審議の交渉過程では最終決着こそが合意であり、いろいろな考えを聞いて総合判断した」としている。

Photo_4第一生命は、「生損保の質疑時間が不公平でバランスを取って欲しいと意見表明したかもしれない。個別議員については答えられないが不適切な扱いはない」。

■第一生命は06年7月~07年7月に、生命保険協会の会長会社を務めており、07年4月~08年3月に国会議員側のパーティー券購入費として1千万円以上を支出していた。

自民党議員37人、民主6人、無所属1人の政治団体への支出で、このうち当時、現職大臣や衆参財金委委員だった議員は少なくとも計6人。

Photo_5 尾身幸次元財務相(自民)側には、財務相当時などに資金管理団体や派閥の政治団体などが開催した6回のパーティーに計108万円を支出。

大野功統元防衛庁長官(自民)側に3回計40万円
林芳正参院議員(自民)側に2回計40万円
峰崎直樹財務副大臣(民主)側に2回計26万円
小沢鋭仁環境相(民主)側に2回計24万円
宮下一郎前衆院議員(自民)側に1回12万円。

いずれも1回当たりの購入額は政治資金収支報告書に記載義務がない20万円以下だった。(asahi.com他)参照

★政治屋どもが何の目的で誰のために頑張り、何に配慮しているのか空しいほどに伝わってくる事実だ。
★こういう俗物どもに限って、「国民のため」を連発するのだろう。


|

« 佃公彦氏、死去 新聞連載漫画「ほのぼの君」 | トップページ | 金妍児、GPシリーズ欠場へ 世界選手権に専念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48914045

この記事へのトラックバック一覧です: 大手4生保、自民・民主に接待攻勢 不払い処分めぐり 質疑時間短縮:

« 佃公彦氏、死去 新聞連載漫画「ほのぼの君」 | トップページ | 金妍児、GPシリーズ欠場へ 世界選手権に専念 »