« 横峯良郎参院議員、犯罪に深く関与 検察審が指摘 | トップページ | 弥生時代の石棺に人物画、呪術師か 北九州城野遺跡 »

石井好子さん、死去 日本シャンソン界の草分け

日本のシャンソン界の草分けで、後進の育成にも尽くした歌手の石井好子さんが17日、肝不全のため都内の病院で死去した。享年87。

Photo_41942年に東京音楽学校(現東京芸大)声楽科を卒業し、戦後にジャズ歌手としてデビュー。
52年にフランスで聞いたディット・ピアフイブ・モンタンに衝撃を受け、シャンソン歌手に転じてパリでデビュー。
国内では63年から毎年、シャンソンの祭典パリ祭を主宰して普及に努めた。

帰国後は故岸洋子田代美代子加藤登紀子らを育て、2年前のパリ祭で歌ったのが最後の大きな舞台だった。

90年、パリのオランピア劇場で日本人初のリサイタルを開くなど、国際的にも第一線で活躍。92年にフランスのコマンドール(フランス芸術文化勲章の最高章)を受けた。
91年に日本シャンソン協会を設立、今年7月まで会長を務めた。

95年には歌手生活50周年記念リサイタルを開いた。難民救済コンサートなどボランティア活動にも積極的だった。

「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」で日本エッセイストクラブ賞を受けるなど、著書多数。65歳で高齢者の水泳大会マスターズ50㍍平泳ぎで優勝するなど、元気いっぱいだった。

衆議院議長、日本体育協会会長などを務めた石井光次郎は父。
大隈信幸五島昇は叔父にあたる。

 

|

« 横峯良郎参院議員、犯罪に深く関与 検察審が指摘 | トップページ | 弥生時代の石棺に人物画、呪術師か 北九州城野遺跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48936772

この記事へのトラックバック一覧です: 石井好子さん、死去 日本シャンソン界の草分け:

« 横峯良郎参院議員、犯罪に深く関与 検察審が指摘 | トップページ | 弥生時代の石棺に人物画、呪術師か 北九州城野遺跡 »