« 弥生時代の石棺に人物画、呪術師か 北九州城野遺跡 | トップページ | 金賢姫元死刑囚、幽閉生活からいっとき夢のような日々 »

ショクダイオオコンニャクの花、開花 東大植物園

インドネシア・スマトラ島原産、世界最大のショクダイオオコンニャクの花が22日夕、東京大学理学系研究科付属植物園/小石川植物園で開花した。高さ約1.5㍍、直径80cmの花は受粉のためにハエなどの虫を誘う腐敗臭を漂わせ始めた。

Photo_3小石川植物園での開花は1991年以来で、これが国内6例目となる。開花状態はあと2日ほど続くとみられ、25日まで花の公開を続ける。
園長の邑田むらた仁東大教授、「種をまいてから17年かかったが、珍しい花を間近で見られて感慨無量です」。

Photo_4花びらのように広がったのは葉が変形した仏炎苞ぶつえんほうで、中央に高く伸びた付属体の根もとに、小さな花が多数ついている。
花の集まり(花序かじょ)であるこの全体が、大きいものは高さ約3㍍にもなることから、世界最大とされる。

一つの花で世界最大は、直径約1㍍になるラフレシア・アーノルディだ。

                                 050グリーンFAX

|

« 弥生時代の石棺に人物画、呪術師か 北九州城野遺跡 | トップページ | 金賢姫元死刑囚、幽閉生活からいっとき夢のような日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48949686

この記事へのトラックバック一覧です: ショクダイオオコンニャクの花、開花 東大植物園 :

» 東大合格生のノートはかならず美しい |太田 あや [どうなんでしょうか]
東大合格生のノートはかならず美しい太田 あや文藝春秋 刊発売日 2008-09-... [続きを読む]

受信: 2010/08/01 10:22

« 弥生時代の石棺に人物画、呪術師か 北九州城野遺跡 | トップページ | 金賢姫元死刑囚、幽閉生活からいっとき夢のような日々 »