« 山口弘典委員は辞任を 組長の維持員席観戦に関与 | トップページ | 次期会長に小倉純二氏 犬飼基昭氏は退任 サッカー協会 »

氷河特急、脱線inスイス・アルプス 日本人年7万人利用

スイス南部で脱線し、日本人旅行者らが死傷する事故を起こした氷河特急は最高標高約2千㍍を時速約30㌔で走行、世界一遅い特急として知られる。
車窓からアルプスの雄大な景色がゆっくり楽しめると日本人観光客にも人気。

Photo旅行大手エイチ・アイ・エス/HISによると、年間約7万人の日本人が利用している。
スイス政府観光局によると、氷河特急は1930年に開業。

ツェルマットからサンモリッツまでの約270㌔を約8時間で結ぶ。

Photo_2七つの谷、291の橋、91のトンネルを走り抜ける。
06年に新型車両が導入された。窓が大きく開放的で、日本語で説明が聞けるヘッドホンを備えており、中高年に人気が高いという。

ツェルマットは、名峰マッターホルンのふもとに位置する。
サンモリッツは、これまで2度にわたり
冬季オリンピックが開かれている世界的に有名な冬のリゾート

|

« 山口弘典委員は辞任を 組長の維持員席観戦に関与 | トップページ | 次期会長に小倉純二氏 犬飼基昭氏は退任 サッカー協会 »

コメント

それは御心配ですね。

とはいっても、実際、事故にあわない限り、どこにいても同じような気がします。

投稿: 大滝三千夫 | 2010/07/24 12:36

> 管理人様

ちょうど昨日から、親類が夏休みで北欧に行っていますので、中欧のスイスの話とはいえ、ちょっと心配になった事故でした。亡くなられた方には、心から哀悼の意を表します。

投稿: tenjin95 | 2010/07/24 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48960206

この記事へのトラックバック一覧です: 氷河特急、脱線inスイス・アルプス 日本人年7万人利用:

» 氷河特急、事故で日本人死亡 [りゅうちゃんミストラル]
「世界一遅い特急」として知られるスイスの氷河特急。23日に脱線事故があり、日本人死亡者が出た。スイス「氷河特急」脱線で1人死亡、負傷者の大半は日本人(ロイター)   こ... [続きを読む]

受信: 2010/07/24 20:12

» ハイジも驚く脱線事故。 [プールサイドの人魚姫]
ハイジの故郷であるスイスは、豊かな自然に恵まれた観光地が至る所に点在する美しい国である。中でも人気の高いアルプスは、最も宇宙に近い地球の背骨と評され、年間何万にんもの観光客が訪れ、その雄大な地球の歴史を満喫して帰って行く。 その山岳地帯を縦横無尽に駆... [続きを読む]

受信: 2010/07/28 00:04

« 山口弘典委員は辞任を 組長の維持員席観戦に関与 | トップページ | 次期会長に小倉純二氏 犬飼基昭氏は退任 サッカー協会 »