« 長友佑都、チェゼーナに移籍 日本人DF初セリエA | トップページ | 土俵祭りに白鵬ら力士も参加 先人と土俵に陳謝 »

奥島孝康高野連会長ら11人 外部識者の独立委 相撲協会

野球賭博問題を調べている日本相撲協会の特別調査委員会(座長:伊藤滋早大特命教授)は9日、両国国技館で会合を開き、協会改革を進めるガバナンス/統治能力の整備に関する独立委員会のメンバー11人を決めた。

Photo_5読売新聞の取材で11人は、特別調査委員で日本高野連会長の奥島孝康元早大総長71、居酒屋大手ワタミ渡辺美樹会長50らと判明した。

委員長には奥島氏が就任する見通し。

伊藤滋座長は、「市民の目線、経済界からの目線など多様な方々」と人選を説明した。10日に名古屋市内で開かれる協会理事会で承認した後、発表する。

特別調査委は、協会理事会で独立委メンバーの承認を得た後、業務を引き継いで解散する。場所中に野球賭博を含む反社会的勢力との関係などについて、新たな情報があった場合は調査委が招集される。

相撲協会はオブザーバーとして陸奥(元大関霧島)、八角(元横綱北勝海)、尾車(元大関琴風)の3親方を独立委に加える考えだったが、内部に若手親方を推す声などがあり、協議を続ける。(読売新聞・他)参照

|

« 長友佑都、チェゼーナに移籍 日本人DF初セリエA | トップページ | 土俵祭りに白鵬ら力士も参加 先人と土俵に陳謝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/48843551

この記事へのトラックバック一覧です: 奥島孝康高野連会長ら11人 外部識者の独立委 相撲協会:

» 名言に学ぶ−渡邉 美樹− [中年サラリーマンお父さんもりもりのビジネス講座]
「(若い)人には“know how”でなく“know why”を考えて(覚えて)欲しい」やり方を学ぶよりももっと根本となる”なぜ”それを行うのかという理由、目的、意義を理解するようにしましょう。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−前回はMIKIMOTOの創業社長の御木本幸吉でしたが、同じ創業社長で“ミキ”つながりでワタミの渡邉 美樹さんです(しょーもないですが)。彼は結構マスコミに出ていますのでご存知の方も多いかもしれません(私は高杉良の小説“青年社...... [続きを読む]

受信: 2010/07/19 16:57

« 長友佑都、チェゼーナに移籍 日本人DF初セリエA | トップページ | 土俵祭りに白鵬ら力士も参加 先人と土俵に陳謝 »